結婚指輪ブランド徹底ガイド

銀座で結婚指輪の下見を
するときのブランドと相場を比較

男のためのマリッジリング入門 ふたりの結婚指輪コーディネイトプラン 普段使いできる結婚指輪の選び方 結婚指輪ブランド下見の鉄則 MAPで見れる銀座の結婚指輪ショップ特集
銀座の結婚指輪ブランド HOME > “こだわり”の結婚指輪に出会うためのバイブル

“こだわり”の結婚指輪に出会うためのバイブル

一生着ける結婚指輪を選ぶポイントをそれぞれのこだわり事に紹介しています。

結婚指輪の基準とこだわりポイント

毎日必ず身に着ける結婚指輪だからこそ、本当に自分に似合うものを選びたいですよね。

でも何を基準に選ぶべきかわからない……!という方のためにこだわりたいポイントをご紹介します。

1.肌なじみのよい「色」を見極める

欧米人が好んで選ぶ結婚指輪の素材はゴールド。これは白人や黒人の肌にはゴールドの色が良く映えるためです。

一方、私たち日本人の肌には、ゴールドの色合いがやや薄れてしまうため、素材としての輝きが際立つプラチナの方が、日本では圧倒的に人気。

ですが、同じ日本人でも肌の色の濃い人・薄い人がいますので、個々人の肌色に合った素材選びが必要になります。

結婚指輪の素材としてはプラチナの他にイエローゴールドやピンクゴールドなどがありますので、必ず素材の異なるリングを試着してみて肌なじみの良い物を見極めて決めましょう。

肌の色で選ぶ結婚指輪

色白な指

ご自分の指に似合うのはどんなカラーの指輪でしょうか?好みや志向によっても多少の違いが出てくるものですが、一般的になじみのいいカラーというものがあることを覚えておきましょう。

色白な指になじむのは、プラチナやホワイトゴールといったシルバー系のもの。肌の色合いによっては、ピンクゴールドが似合うこともあります。石の入ったデザインなら、石の色によってもなじみ方が変わってきますので、試着して確かめてみましょう。

小麦色・色黒の指

小麦色・色黒の指の人におすすめのカラーは、イエローゴールド。健康的な肌色に映えて、指をより美しく見せてくれます。もしゴージャス感を抑えたいなら、プラチナなどのシルバー系の素材とコンビになったデザインを選ぶと良いでしょう。

イエローゴールドは濃い色の石ともよく合いますし、リングのボリュームや柄によっても多彩なデザインが選べます。いろいろなものを試着してみて、自分になじむものを選んでみてください。

肌の色を4種類に分ける場合もあります

スプリングタイプ

パーソナルカラーという考え方によると、肌色はだいたい4つのタイプに分けられます。明るく透明感のあるベージュ色で、ピンクがかった頬の人はスプリングタイプ。このタイプには、ツヤ感のあるキラキラしたゴールド系がおすすめです。

サマータイプ

日本人に一番多いのが、このタイプ。肌が柔らかい印象で、ピンクがかっており、ともすると赤くなりがちな人です。このタイプの人なら、シルバー系だとスッキリしたさわやかな印象になりますし、ピンクゴールドも色なじみが良いです。

オータムタイプ

黄色みが強く、マット感のある肌がオータムタイプ。頬は赤みがかっていません。このタイプの肌なら、アンティークゴールド系を着けると大人な雰囲気に。ヴィンテージ感が漂い、重厚感を演出できます。

ウインタータイプ

ウインタータイプの特徴は、ほんのり青みがかった白さ。このタイプには、テリ加工を施したようなシャープな輝きを放つプラチナ・ホワイトゴールドがマッチします。白いミステリアスな色の指をより美しく見せてくれるでしょう。

2.自分の指にふさわしい「太さ」を知る

指輪によって、その人の手や指の印象はガラリと変わってしまいます。指を長く見せるデザインもあれば、その反対に指を短く見せるものもあり、特に指輪の太さは重要。

同じデザインの指輪でも、太さ違いのものがあればぜひ試着してみましょう。

ただ見るだけと着けたときとでは、全く異なる印象を受けるかもしれません。

細い指

指が細い人におすすめなのは、2~2,5mm幅のリング。ほっそりとした指をきれいに演出してくれて、適度な主張もあり美しく映えます。逆に、それより太い指輪を着けると、指が太く見えてアンバランスになってしまうはず。よほどのインパクトを狙っているわけではないなら、避けたほうがベターでしょう。

標準的な指

標準的な指には、2,5~3,5mm幅のリングがおすすめ。この幅なら適度なボリューム感があるので、標準的な指にも映えます。逆に、結婚指輪が貧弱に見えることもありません。存在感は、幅が広くなるほど大きくなります。デザインによっても印象は変わってきますので、試着してみて確かめましょう。

太い指

太めの指なら、3,5~4mm幅の指輪が映えるでしょう。若干幅の広いリングを着けることで、太めの指を華奢に見せることができます。ただし「着けてみたら、思ったほどボリューム感がなかった」ということも起こりかねないので、試着の活用がおすすめ。逆に、細い指輪は存在感が薄く、目立たない印象になります。

おそろいの幅で探しているなら

2人でピッタリおそろいの結婚指輪を探しているなら、2,5~3mmのものが無難です。この幅のリングなら、男女どちらの指にもフィットします。標準的な幅なので、男性が着けても女性が着けても適度な存在感がありますし、デザインもいろいろなものから選べるでしょう。2人で試着してみて、納得のいくものを探してみてください。

3.一生身に着けられる「デザイン」を選ぶ

デザインの種類

ストレート

ストレートデザインの結婚指輪は、女性に限らず男性にも人気のあるタイプ。シンプルなので飽きが来ないだけでなく、婚約指輪と重ねづけしやすいのもメリットです。また、このタイプのリングは細身のものが多く、着けたときに指を華奢な印象に見せてくれるのもうれしいところ。多くのカップルに選ばれる結婚指輪の定番です。

ウェーブ

品良くウェーブした形も多くのカップルに選ばれるデザインのひとつ。着ける人の指を細長く、優美に見せてくれます。男性のリングをストレートタイプのものにして、女性はウェーブタイプにするという購入の仕方も良いでしょう。女性らしさが際立ち、柔らかな印象が添えられます。もちろん男性が着けても優しい印象で、結婚指輪にはピッタリです。

V字・U字

「ストレートでないほうがいいけど、ウェーブだとエレガントすぎる」と感じる人におすすめなのが、V字・U字型のタイプ。適度なスタイリッシュ感とソフトさで男性にも女性にも人気です。着けるとVの部分に目が集中しやすいため、指を長く見せる効果も。太くてゴツゴツした指もきれいに印象づけます。

幅広

着けているだけで存在感のある幅広のタイプは、ボリューム感のある結婚指輪を望むカップルに最適。リングの表面積が広いので、デザインも個性的なものが選べます。また、内側に入れる文字は細身のデザインだと限られますが、このタイプのデザインならたくさん入れられるのもメリット。ちょっと派手めが好みのカップルにはおすすめです。

ハーフエタニティ

ハーフエタニティは、「キラキラしたきらめきが大好きだけど、使い勝手も大事」という方にピッタリ。ゴージャス感を楽しめる一方で、日常生活での実用性も兼ねています。ダイヤモンドが多く使われているため、価格は高めです。

フルエタニティ

ダイヤモンドを贅沢にあしらったのフルエタニティ。ゴージャス感、存在感ともに抜群で、「長く使うものだから妥協したくない!」というカップルに選ばれています。値段も張るため、婚約指輪を省略して購入するという人もいるのだそう。

パヴェ

石畳を意味するパヴェは、フルエタニティに引けを取らない華やかさが特徴的。ただしフルエタニティよりも爪が小さく若干丸みを帯びているため、ややカジュアル感があります。そのため、はめ込まれる石も小さいサイズで、価格は低め。ご自分の普段の服装や生活スタイルなどに合わせて選びましょう。また、エタニティに比べて汚れが付きにくいのもこちら。アフターケアが気になる人は、こちらがおすすめです。

結婚指輪の流行

近年は、ウェーブのものやダイヤモンドをあしらったデザインを求めるカップルが多くなっています。とはいえ、トレンドとはいつかは変わるもの。流行を追い求めるより、2人の気持ちがピッタリと一致する運命のリングを選ぶのがおすすめです。

ただ、このポイントは実際に結婚生活を送り始めたばかり、若しくはこれから新婚生活を迎えるカップルだけで見極めるのは結構難しいところ。

そこで迷ったときには、各ブランドに在籍している結婚指輪のプロであるコンシェルジュの力をぜひ借りてみましょう。

特にブライダルに特化したジュエリーブランドであれば、第三者の目で二人に似合うリングを提案してくれる頼もしい存在ですよ。

男のためのマリッジリング入門

男性こそこだわるべき!男性の結婚指輪の選び方をご紹介します。指の長さや太さ、そして肌の色に合うデザインというものがありますので、実際につけてみないと判断できません。こちらでは、男性におすすめの結婚指輪を画像で紹介しています。

男のためのマリッジリング入門

デザインは当たり前!普段使いできる結婚指輪の選び方

普段使いできる結婚指輪を選ぶと、いつまでも結婚の思い出を大切にできます。ですので、普段使いできる指輪の選び方をご紹介いたします。もっともこだわるべきは、ショップのアフターサービスです。いつまでも綺麗に保つためにアフターサービスは重要なのです。

デザインは当たり前!普段使いできる結婚指輪

ふたりの結婚指輪コーディネイト・プラン

ペアリングにしたい方のためのコーディネイト指南です。ペアリングと一口に言ってもデザインが同じものだけを指すわけではありません。意外な組み合わせでもペアリングとして成立するものがあります。ペアリングにこだわる方法をお教えします。

ふたりの結婚指輪コーディネイト・プラン

運命リングに出会うための結婚指輪下見の鉄則

運命リングに出会うために必要なこと。それは審美眼です。どこにこだわるべきか、逆にどこにこだわってはいけないか、お教えします。運命のマリッジリングに出会ってください。

運命リングに出会うための結婚指輪下見の鉄則

結婚指輪はいつから始まった?その由来と身に着ける意味とは

こちらでは、結婚指輪をすることの意味と、その由来や歴史をご紹介しています。

結婚指輪はいつから始まった?その由来と身に着ける意味とは

 

Contents

このサイトは個人的に調べられた2017年9月時点の情報を基に作成しています。
指輪の価格やデザインの種類など詳細な情報は各ブランドの公式サイトからご確認ください。